忍者ブログ
キャッシング情報
[1] [2]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

消費者金融などから違法に高い金利で貸し付けられたとして、契約者1200人が、貸金業者を相手取り過払い金の返還を求めて、15日、全国の裁判所に一斉に提訴しました。訴えを起こしたのは、東京・大阪など全国26都道府県のおよそ1200人で、消費者金融などおよそ140社を相手取り、東京地裁など全国の裁判所に一斉に提訴しました。原告らは、利息制限法で定められた上限を超える不当に高い金利で貸し付けをされたとして、過払い金を返還するよう求めています。この他にも、およそ600人が直接、貸金業者に請求していて、請求金額はあわせて22億円余りにのぼるということです。貸金業の規制をめぐっては、去年の法改正で、いわゆるグレーゾーン金利が廃止されますが、実施されるのは2009年末ごろになる見通しで、被害者連絡協議会では「それまでの間も金利の返還を強く求めていきたい」としています。

【テレビユー福島より】

<PR>

グレーゾーン金利
PR
顧客がカードを使うと、加盟店はカード会社に手数料を払わなくてはなりません。でも、その手数料を払っても、カード加盟店になるメリットはあるのです。

1.まず、顧客の購入単価がアップします(現金だと持っている範囲でした買い物できませんが、カードがあれば手持ちの現金以上に買い物できますよね)。
2.ボーナス支給前や給料日前でも買ってもらえます(給料日の前になると、ガクンと売上の落ちる店がありますが、カード加盟店ではその心配はありません)。
3.それから、もしお客さんが何かの事情で払えなくなったとしても、カード会社が責任を持って払ってくれます(いわば、保険料)。店に現金を置いて強盗に入られる事件もありますが、カードの伝票を盗んでも仕方ありません(安全性確保)。
4.お客さんの「囲い込み」ができる(リピーターが多くなります。また、お客さんの買い物情報などをフィードバックしてくれるカード会社もあります)。
5.さらに、カード会社から信用されている店だということで、初めてのお客さんにも利用してもらえたり…。

このように、各種のメリットがあるから、お店はカードの加盟店になるわけです。

【カードギンザより】


PR:オリコ カード ポイント
カード会社の収入源は、主に以下の3つです。

1. 会員からの年会費
ただし、これはほとんどが保険料や事務経費で消えてしまいますし、最近は無料のカードも多くなっています。
2. 加盟店からの手数料収入
通常のクレジットカードでは(スーパーや百貨店の「ハウスカード」は別)、会員がカードを利用すると、カード加盟店は、その利用代金の2~5%くらいの手数料をカード会社に支払います(手数料率は加盟店の業種等で異なります)。ただし、この手数料率は過当競争で引き下げられる傾向にありますし、会員に還元される割合も高いです(社会貢献型カードの場合は、その一部が各種団体に寄付されます)。
3. リボルビングやキャッシングの手数料(金利)
キャッシングやカードローンには金利がつきますが、リボルビング払いや分割払いを利用する場合も、会員はカード会社に手数料を払います。実はこれが、カード会社にとって最も大きな収入源です。したがって、カード会社としては、なるべく分割やリボを利用してもらいたいわけです。

【カードギンザより】


PR:キャッシング 比較
キャッシュカードの「スキミング」犯罪が、大きな問題になりましたね。銀行のキャッシュカードは、クレジットカードに比べて不正使用対策が遅れていましたが、ようやく各金融機関も対策に乗り出しました。ところで、クレジットカードには、どんな安全策が取られているのでしょうか?被害者への補償ということもありますが、ここではまず、カード自体の不正防止策についてみていきましょう。

スキミングというのは、カードの磁気ストライプを読み取ってカードを偽造したりする手口ですが、カード本体を盗んで不正に使用する犯罪者も後を絶ちません。ショッピングならば普段と違う利用があれば、カード会社から加盟店にチェックが入って利用を止めることができますが、キャッシングの場合は相手が機械ですので、なかなか難しいものがあります。その偽造防止策の1つがICカード化です。ICカードならば、重要な情報がチップに入っているので読み取られる心配はないからです。また、カード会社は、会員や加盟店に「無防備に伝票の控えを捨てないように」と啓蒙活動をしているほか、最近は、加盟店の端末機などから打ち出される伝票に、カード番号の末尾は印字させないという対応を始めました。さらに、「暗証番号は生年月日や自宅電話番号など、第三者から容易に推測される番号を避ける」ことや、「暗証番号をカード会社が本人に電話で確認をすることはない」などを繰り返し案内しています。利用者サイドでも、
          ・不用意にカード番号や有効期限を他人に知られないようにする。
          ・暗証番号は第三者から容易に推測されない番号にする。
          ・ネットや通販利用をする場合はセキュリティが万全かチェックする。
などの注意が必要ですが、万一被害に遭ったとしても、明らかに第三者による悪用であれば、被害金額は保険でカバーされます。

【カードギンザより】

PR:セゾン アメリカンエキスプレスカード
クレジットカードというのは、現金の持ちあわせがなくても、後払いで買い物やサービスが受けられるシステムです。しかし、それは誰でもが利用できるものではありませ ん。カード会社の「審査」を通った人だけが利用できるのです。ですから、まず「信用」の証しとなります。たとえば、旅行先で財布をなくしたとしたら、「あとで必ず払いますから」といっても、どこの誰ともわからない旅行者をホテルやレストランは信用してくれるでしょうか?まず無理ですね。そんなとき、クレジットカードがあれば、ちゃんとしたホテルに泊まれて食事もできます。カードが、「この人は支払いができる」という証明証になるからです。親御さんは、「カードがあると使いすぎてしまう」と言われたようですが、使う、使わないはその人本人の問題です。自分の支払能力を考えて利用すれば、現金よりも安全で便利なシステムです。とくに海外では、多額の現地通貨を持ち歩くのは不安ですよね。カードなら、そのまま使えます(国際決済機能があります)。このほかにも、盗難保険が付いているとか(盗まれて使われても、本人に落ち度がなければ保険でカバーされます。また、紛失した場合はカード会社に連絡すれば、すぐに使用停止にしてもらえます)、利用状況に応じたサービス(割引やキャッシュバック、景品プレゼント、マイレージサービスなど)があるとか、いろいろなメリットがあります。

【カードギンザより】

ニコスカード


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索