忍者ブログ
キャッシング情報
[9] [8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

キャッシュカードの「スキミング」犯罪が、大きな問題になりましたね。銀行のキャッシュカードは、クレジットカードに比べて不正使用対策が遅れていましたが、ようやく各金融機関も対策に乗り出しました。ところで、クレジットカードには、どんな安全策が取られているのでしょうか?被害者への補償ということもありますが、ここではまず、カード自体の不正防止策についてみていきましょう。

スキミングというのは、カードの磁気ストライプを読み取ってカードを偽造したりする手口ですが、カード本体を盗んで不正に使用する犯罪者も後を絶ちません。ショッピングならば普段と違う利用があれば、カード会社から加盟店にチェックが入って利用を止めることができますが、キャッシングの場合は相手が機械ですので、なかなか難しいものがあります。その偽造防止策の1つがICカード化です。ICカードならば、重要な情報がチップに入っているので読み取られる心配はないからです。また、カード会社は、会員や加盟店に「無防備に伝票の控えを捨てないように」と啓蒙活動をしているほか、最近は、加盟店の端末機などから打ち出される伝票に、カード番号の末尾は印字させないという対応を始めました。さらに、「暗証番号は生年月日や自宅電話番号など、第三者から容易に推測される番号を避ける」ことや、「暗証番号をカード会社が本人に電話で確認をすることはない」などを繰り返し案内しています。利用者サイドでも、
          ・不用意にカード番号や有効期限を他人に知られないようにする。
          ・暗証番号は第三者から容易に推測されない番号にする。
          ・ネットや通販利用をする場合はセキュリティが万全かチェックする。
などの注意が必要ですが、万一被害に遭ったとしても、明らかに第三者による悪用であれば、被害金額は保険でカバーされます。

【カードギンザより】

PR:セゾン アメリカンエキスプレスカード
PR

コメント


コメントフォーム
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字


トラックバック
この記事にトラックバックする:


忍者ブログ [PR]
忍者ポイント
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新コメント
[03/29 「キャッシング比較申込」管理人]
プロフィール
HN:
No Name Ninja
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索